世田谷の家 – 木工事完了まで

先月末に木工事が完了した世田谷の家。

現在は仕上工事に入っています。

木工事完了までの様子です。

 

電気屋さんが配線工事を進めていき、

終わった場所から断熱材を入れていきます。

世田谷の家の屋根断熱はアクリアネクスト14Kt100を2重に入れています。

垂木間に一枚入れ込み、受けの胴縁を打ってその上にさらに詰めていきます。

 

 

こちらはフローリング貼りの様子です。

1Fの床材は杉の無垢材を使用しています。

 

 

外壁工事も進行中。

世田谷の家の外壁はガルバリウム鋼板です。JFEカラーガルバリムの和みシリーズ:ピッチブラックです。

バルコニーの手摺を先付けしている箇所は板金の切り込み等、

非常に大変そうでしたが、きれいに仕上げていただきました。

 

 

横葺きでの仕上です。

世田谷の家は屋根や破風、軒天、外壁等全てブラックで統一されています。

 

 

軒天や腰壁などところどころが板張りになっており、アクセントがついています。

塗装はリボス社のタヤエクステリアシリーズを使用しています。

 

 

大工さんが階段を進めています。

今回はロフトもあるので階段が2か所。

一気に仕上げていきます。

 

 

2F~ロフトの階段は蹴込みなしのストリップ階段となっています。

建具枠や敷居等も進めています。

 

 

間仕切りや木建枠の下地の様子です。

2Fの床には床暖房を敷いています。

冬になると、力を発揮します。床が温かいと非常に快適です。

 

 

階段や電気屋さんの配線も完了し、壁断熱を入れていきます。

屋根と同様にアクリアネクスト14Kt100を使用しています。

 

 

ボード張り、収納造作工事の様子です。

世田谷の家はシナランバーを多く使用した収納を造作しています。

施主様からトイレに収納を増やしたい、というご要望があったので、

便器裏の背壁に収納を作りました。簡素な引き違い戸となっています。

 

 

大工さんには最後まできれいな仕事をしていただきました。

木工事完了です。

次回は仕上工事の様子をお送りします。

 

宇野

 

設計:NLデザイン設計室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年10月12日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事