桂台の家 – 木工事

桂台の家は木工事が進んでいます。

外部の下地工事は外壁の合板から。

桂台の家は外壁の仕上が板金仕上と左官仕上と2種類あります。

それにあわせて下地の面材は異なるものを使用しています。

外壁面全面にタイベックを貼り、防水層をとります。

板金仕上面は胴縁まで。

板金が縦貼りなので、横胴縁を尺五寸ピッチで取り付けます。

モルタル面は縦胴縁の上にラス下を貼ります。

バルコニーの下になる軒天にも下地を組んでいきます。

軒裏では通気を上に送れるよう通気スリッターを使用しています。

軒天の仕上は外壁と同色のUP塗装になるので、下地にケイカル板を貼ります。

ちなみに軒天の中に配管を通すため、設備屋さんに先行で配管をしてくれています。

桂台の家は2階にユニットバス、脱衣所があるのでその排水管になります。

非常に厳しいところをうまく通してくれました。

バルコニーの防水下地は針葉樹構造用合板の上にケイカル板を貼っています。

バルコニーの面も左官仕上の為、ラス下を貼っています。

桂台の家の2F床仕上げには杉の無垢を使用しています。

他の材もそうですが、杉材は白太と赤太がはっきりしているため、

選別しながらの施工です。

1Fはクルミ材の無垢を使用しています。

高級な木材といわれるウォルナットの仲間になるクルミ材。

落ち着いた色合いで木目がきれいです。

施主様と設計事務所様も現場に来て頂き、

仕上材や細かい仕様など、打ち合わせや検討を進めていきます。

この日の主な打ち合わせは外構の仕様でした。

綺麗な家が引き立つ庭になるよう、検討中です・・・

 

宇野

設計:BUILTLOGIC

2020年05月30日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事