門扉の改修工事

どうもこんにちは。堀井工務店の今井です。

車庫部分の鉄製の門扉がだいぶ傷んできてしまったため、新しく作り直しをしたいとのことで、門扉の改修工事が始まりました。

既存の門扉はこちら。だいぶ腐食なども進んできてしまっていました。

まずはこれらを解体撤去。レールも新しくするため、既存の土間も壊していきます。門扉を支えるための柱(ガイドレール)やステンレスのレールを設置して新しい土間コンクリートで仕上げていきます。

その後、大工さんによる新しい門扉の製作に取り掛かっていきます。まずは門扉のフレームをアルミ材で組んでいきます。

ウッドデッキ?のように見えますが・・・

新しい門扉です。家の雰囲気に合わせて板材(米杉)で門扉を製作しています。塗装にはリボス社の自然塗料を用いています。今回はウォルナット色で塗装をしましたが、とても落ち着いた重厚な雰囲気に仕上がりました。

立て掛けるとこんな感じの仕上がりになっていきます。門扉だけでなく門袖にも雰囲気を合わせるために板張りにしています。

今週中には残りの工事含めて完成予定です。

ちょっとした工事でもお気軽にご相談ください。


自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店
2020年06月01日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事