菊名の家-外回り下地

菊名の家は大工が追い込み中ですが、外部下地の状況をアップします。

屋根は24㎜の合板で剛性を見て、その上に通気垂木を設置しています。
通気垂木の上に野地板を張って、防水紙のゴムアスルーフィングを張りました。
 

開口部にはフクビのウェザータイトを採用しています。
 

FRP防水と防蟻処理。
 

中村


設計:g_FACTORY 建築設計事務所


自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店
2018年10月07日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事