太子堂の家-外部と断熱

日が暮れるのが早くなってきましたね。

今日は「太子堂の家」の進捗をご報告します。

こちらの建物は耐力壁に面材を使用しておらず、全て筋交いで構成しております。

下の写真は個人的には初めての制振ダンパーです。

 

外部の納まりを時系列にご紹介します。

透湿防水紙のタイベックの上に通気胴縁。

 

胴縁の上にラス下地、その上にモルタルラミテクト。

 

開口部の防水はタイベックの状態で今回は片面のアクリルテープ

モルタルラミテクト部は変性シリコンで防水処理をしております。

 

続いて断熱の施工

床下は気密をとっているので、基礎断熱プラス床断熱。

 

壁はロックウール、天井はロックウールを2重に施工しています。

 

地下の床はネダフォーム、2階床は床暖房が入っている部分にネオマフォーム

 

写真は有りませんが・・・玄関床、在来浴室の床にも断熱を施工しております。

現場は二人の大工さんで追い込み中

で・・・追い込まれ中・・・

 

中村


設計:村田淳建築研究室

自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店

 

2018年10月29日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事