菅生の家 – 完成まで

すでに工事が完了している菅生の家、

完成までの様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の外壁はガルバリウムの小波板、色はネイビーブルーです。

バルコニーの設置も完了しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルコニーから見下げた設備屋さんの外部配管の様子です。

今回の地域は分流方式であったのと、敷地内に段差があるため、

配管距離も長く、大変そうでした・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

造作工事も大詰めです。

作り付けの家具造作の様子です。

こういった作り付けの家具は、

施主様がここにあれを置く、そこにはこれを置くなど、

要望が詰まったこの家だけの家具となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんの作った家具に建具が取り付けられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部の木工事、建具工事、家具工事が終わり、

木部塗装工事、そしてクロス工事に移ります。

クロス工事が終わると、完了まであとわずかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関もタイル工事が進みます。

そして、リビングのニッチに小さいカウンターが付いています。

これは解体前の施主様の家の床柱を加工して作りました。

まだまだ現役です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床柱を加工している様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗面台やトイレなど、器具が設置されていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外構工事も並行して進んでいます。

裏庭は広いテラス土間になっております。

ここで火を起こして何か焼いて食べたりできそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中の養生も撤去、クリーニングも完了して、

無事施主様に引き渡しが完了しました。

 

 

 

宇野

 

設計:AMI ARCHITECTS

 

 

2019年03月31日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事