世田谷の家 – 仕上工事

先日引き渡しが完了した世田谷の家です。

木工事が完了して、仕上工事へと進みます。

内部の木部は自然塗料を塗りました。

1Fはクリヤー仕上で、2Fは着色というご要望でした。

着色した塗料はオスモウッドワックスシリーズのウォルナットです。

2Fは古民家風、という施主様のコンセプトのもと、

様々な塗料のサンプルを提示し、ご検討いただきました。

続いてクロス屋さんです。

世田谷の家は1Fは天井・壁と2F勾配天井がクロスを貼っています。

使用した材料はアースウォール(東リ)です。

2Fは左官屋さんによる珪藻土仕上です。

使用した材料は、ワンウィル社のけいそうクン、

フィニッシュワングレード・フラット調仕上です。

部屋全体が明るくなってきました。

建具屋さんによる建具の吊り込みです。

こちらの大きく開口しているフラッシュ戸にはAGCのツインカーボが入ります。

2F和室の地窓には小さな障子がついています。

仕上工事も終盤、器具付けに入ります。

各部屋に照明器具や換気器具が取り付けられます。

並行して衛生器具も取り付けていきます。

玄関内の巾木は墨入りモルタル、

玄関土間と玄関ポーチはビリ砂利を洗い出しています。

世田谷の家は植栽工事も多くありました。

裏庭の小さなスペースには施主様の要望で竹を植えています。

アプローチも様々な植栽と石畳のアプローチを造りました。

様々な業者さんのおかげで、無事完成することができました。

施主様のご厚意により、見学会も開かせて頂き、

多くのお客様に見学していただくことができました。

 

宇野

 

設計:NLデザイン設計室

 

 

2019年11月23日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事