葺き替えか。カバー工法か。

4年前にリフォームをさせて頂いた「阿久和の家」
今回は屋根のご相談を頂きました。
屋根のリフォームの場合、カバー工法か?葺き替えか?選択肢があります。
それぞれメリット、デメリットがありますが
今回の屋根は勾配が1寸?くらいなのに横葺きになっています。
横葺きは緩い勾配に対応していないはずなので、今回は葺き替えで進めることに。
縦ハゼ葺きか、瓦棒葺きのどちらかになりますが、下地の野地が腐食している可能性があるので、瓦棒葺きとなります。

まずは既存バルコニーの撤去から。

勾配が緩いと作業効率がいいですね。

屋根を剥がすとハゼのラインに沿って水が溜まっていました。

野地も部分的に腐食が進んでいます。

腐食部を剥がすと・・・

瓦棒が出てくる・・・て言うオチ。。。ですかね。
お施主さんに状況説明をさせてもらいまして・・・
4年前のリフォーム時も色々見て頂いているので、ご理解頂けるのが早かったです。
いい点があるとしたら、古い瓦棒があったから雨漏れが無かったことでしょうか。

新たにルーフィングと瓦棒葺き

後はバルコニーを設置すれば完成です。

下の写真は3年前の点検時。玄関土間

ダイニングにはトップライト、リビング天井は一部FRPグレーチングで2階の光が落ちてきます。

階段は急勾配でしたが新たにかけかえております。

中村


自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店
2020年07月24日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事