茅ヶ崎の家-内装工事中(壁紙貼り)

どうもこんばんは。

茅ヶ崎の家の現場は木工事もほぼ終わり、今日は廃材の片付け・整理整頓です。身体を動かすと日中はまだ汗ばむ陽気ですね。

さて、昨日から内装工事に進み、壁紙を貼るための下地処理が始まっています。内装の職人さんが石膏ボードにパテ処理をしています。石膏ボードのジョイント部分や釘、ビスの頭にパテを塗り、ボード全体を平らに均していきます。茅ヶ崎の家の壁紙は超撥水和紙壁紙の「玉紙」という壁紙。和紙本来の持ち味をそのままに、撥水性、防汚性をプラスした壁紙です。どんな雰囲気に仕上がるのか楽しみですね。

まだまだ工事は続きます。

また昨日は横須賀市で建築中の現場にて構造検査がありました。検査員の方が耐力壁や構造金物の設置状況を図面と照らし合わせながら、ひとつひとつ確認していきます。屋上がある設計になっているのですが、そこからの眺めは青い空と海が広がり、とても気持ちが良い景色でした。


設計:松原正明建築設計室


自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店
2017年11月07日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事