辻堂の家-基礎工事

どうもおはようございます。

今日から6月に入りましたね。今年の梅雨入りはいつになるのでしょうか。

堀井工務店では「鵠沼の家」「北鎌倉の家」と湘南エリアで建築工事中ですが、新たに「辻堂の家」の建築工事が始まりました。4月の後半に地鎮祭を済ませ、先月から基礎が始まっています。

まずは最初に建物の正確な位置を決めるための遣り方。「辻堂の家」は一部の居室が半地下のような構造になるため、基礎を深く掘り下げる部分があります。そのため、遣り方前に先行してある程度の掘削をしています。

遣り方後、正確なレベルまで根伐りを行い、砕石工事を実施。この付近の地質は砂質のため、基礎の周辺が崩れてこないように土留めをしています。

その後、防湿フィルムを敷き、捨てコンの打設まで終わったところです。これから型枠を設置して、基礎の配筋を組んでいきます。

まだまだ工事は続きます。


設計:ティー設計室


自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店
2018年06月01日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事