菅生の家-基礎工事・土台敷き

期間が掛かってしまいまいましたが、

「菅生の家」は基礎工事が完了して

木工事に取り掛かっております。

 

今回は前面道路から設計GLが高くなっている為、

深基礎が必要でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打ち放なし仕上げのため、パネコートという化粧パネルを使用。

がっちりと枠を固めて、

コンクリートを打設していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先行して深基礎を打設して、

一般部の基礎と繋がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

鉄筋の定着、かぶり厚、寸法、補強筋、アンカーの埋め込みなどを確認後、

スラブ、立ち上りの順番で打設していきます。

養生期間を3日おいて、枠を撤去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深基礎も綺麗に打ててました。

鳶さん、綺麗な仕事をしていただきありがとうございました。

その後、上棟に向けていよいよ大工さんによる作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は高度な気密性がある、土間リストを使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気が心配でしたが、

何とか上棟の日程を遅らせることなく

土台敷きが完了しました。

上棟の様子はまた後日更新致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇野


設計:AMI ARCHITECTS


自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店
2018年09月22日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事