八王子の家 – 屋根板金・内部構造補強

八王子の家の工事が進んでいます。

 

上棟後数人の大工さんで一気に屋根仕舞。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根面の断熱はネオマフォームを使用。

上垂木で通気層を確保し、上野地板を施工。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーフィング、タイベックで防水層を確保していきます。

開口部はウェザータイト(フクビ)を使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根板金施工の様子です。

今回の屋根の仕上は遮熱耐磨カラーSGLいぶし銀・一文字葺き。

アタッチメントではなく、一枚一枚掴み込みです。

八王子の家は大きな屋根が3つの高さで直行しながらコの字に並んでいます。

道路から見ると迫力があり、足場が取れるのが非常に楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に施工して頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部では大工さんが筋かいや金物などで構造補強を進めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構造用合板の使用をなるべく抑えたいという意向があり、

ほとんどの耐力を筋かい、金物で確保しています。

そのため、筋かいの数がかなり多めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設備配管なども一通り完了し、1Fも床材が貼られました。

これで作業がしやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八王子の家は造作が非常に多く、濃い内容になっています。

次回は外壁工事と造作工事をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇野

 

設計:横内敏人建築設計事務所

2019年04月20日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事