亀井野の家-着工

どうもおはようございます。

堀井工務店の今井です。

昨年より工事をしていた藤沢市の「片瀬山の家」がひと段落したところで、同市内の「亀井野の家」の建築工事が始まりました。こちらの家の設計はお馴染みの「NLデザイン設計室」さん。どのような家に仕上がるのか、今から完成が楽しみです。

まずは工事着手前に地鎮祭を執り行いました。この日も微妙な天候で・・・、念のためテントを設営しましたが、無事に地鎮祭を終えることができました。

地鎮祭の最中は子供たちがいろいろなものに興味津々で賑やかな地鎮祭となりました。

こちらの敷地内にはなぜかミントが大量に育っていました。お施主さんも植えたわけではないのですが・・・、と。とてもスッキリとした香りがあたりに漂います。

さて、いよいよ建築工事に着手。

まずは建物の配置を決める遣り方を確認して、根伐りを進めていきます。

「亀井野の家」の基礎はべた基礎と呼ばれるスラブ一体型基礎。根伐りが終わると、基礎の底盤やベース部分に砕石を敷き詰め、地中からの湿気を止めるための防湿フィルムを施工します。その後、捨てコンクリートの打設。外周部には基礎の立ち上がりを作るための型枠を組み上げました。現場には鉄筋も納品となり、これから鉄筋を組んでいきます。

まだまだ工事は続きます。


設計:NLデザイン設計室


自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店
2019年10月02日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事