横須賀の家 -基礎工事まで

横須賀市にて新築工事が始まっております。

配置確認用の地縄張り。

施主様、設計事務所様と地鎮祭の時に配置を確認しました。

地鎮祭の日は気持ちの良い晴天の日でした。

神主さんも丁寧なご説明があっての進行で、

スムーズに執り行うことが出来ました。

工事の無事や安全、家の繁栄を願い、着工します。

今回は地盤改良工事から、鋼管杭を打ち込みます。

地盤改良工事が完了し、基礎着工です。

横須賀の家は宅地造成がされており、前面道路も広く、

土工事は比較的し易い環境でした。

ただ、残土量がかなりあり、3tダンプが何往復も・・・

鳶さんには汚れなど気を配っていただき、きれいに進めていただきました。

転圧プレートをかけ、さらにタンピングランマーで締固めます。

防湿シートを敷き墨出し用の捨てコンを流し込み、

外枠を立てて配筋。

横須賀の家は前面道路に坂になっているため、

部分的に深基礎になっています。

ホールダウン、アンカーボルトの金物を設置。

耐圧盤の打設。

GLが耐圧天端より上がっている箇所は止水板を入れています。

耐圧盤打設後、間仕切りも枠を入れていきます。

アンカーボルト、ホールダウンの位置や芯振り等確認。

深基礎部分は枠を耐圧上に組み替えて鋼製枠用のレパレーターで固定。

返りがないよう控え杭を入れます。

立上りのコンクリートを打設し、養生期間を経て枠撤去。

厳しい日程の中、天候にも職人さんにも恵まれ、

スムーズに基礎工事が完了しました。

鳶さんありがとうございました。

 

宇野

設計:NLデザイン設計室

 

2019年12月27日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事