亀井野の家-木工事から内装工事へ

どうもこんばんは。堀井工務店の今井です。

今日は終日雨でしたね。午後にはやむのかなぁ、と思っていましたが、今でもしとしと降っていますね。

さて藤沢市の「亀井野の家」ですが、木工事もひと段落し、内装工事へと進んでいます。

工期が厳しい中、三人の大工さんに現場に入っていただき、チームプレーで手際よく木工事を終わらせていただきました。

大工さんによる工事だけでなく、合わせて家具工事も順調に進めていただき、無事に家具も現場に納まりました。正面に見えるボードは吉野石膏から販売されている「タイガーFeボード」という磁石がくっつく石膏ボードです。堀井工務店では初採用ですが、きちんと磁石がくっつきました!

木工事と並行して外構工事も少しずつ進んでいます。北側にはコンクリート洗い出しの車庫スペース、道路面には板塀が設けられます。

先週の土曜日には、お施主さまに現場にお越しいただき、設計事務所の「NLデザイン設計室」さんと共に外構・植栽の打ち合わせ。こだわりある庭づくりになりそうです。

そして昨日より、いよいよ仕上げの工事に進んでいます。まずはクロス工事の下処理が進んでいます。「亀井野の家」では一階の内装には珪藻土の左官仕上げ。二階は東リの珪藻土クロス仕上げとなる、内装にも自然素材を多用した住まいになります。

お引渡しまで残すところ3週間ほどとなってきました。「亀井野の家」の家づくりもいよいよ大詰めです。

まだもう少し工事は続きます。


設計:NLデザイン設計室


自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店
2020年03月10日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事