横須賀の家 – 木工事

横須賀の家では、木工事が進んでいます。

横須賀の家は2Fがロフト付き、

天井は勾配天井となっています。

棟木や母屋が化粧で見えてきます。

1Fの天井下地と外壁断熱材充填の様子です。

外壁の断熱材は旭ファイバーグラス社のアクリアネクストを使用しています。

階段は廻り階段となっていて、

段板はタモ集成材、蹴込板はタモの突板を使用しています。

建具屋さんに来てもらい、玄関扉を取付けて頂きました。

扉の材はピーラーを使用しています。

ハンドルや丁番等の金物は堀商店さんの真鍮黄銅磨き仕上の金物です。

玄関扉の吊り込みが完了しました。

ハンドルとシリンダーは工事用に仮のものを使用しています。

塗装屋さんが綺麗に塗装をしてくれました。

内部建具枠の取り付けの様子です。

巾木や建具枠等主な木部は米栂材を使用しています。

現場定例打合せの様子です。

設計事務所さまと定期的に打ち合わせを行い、

時には施主様にも来て頂き、各所の仕様など細かい打ち合わせを行います。

この日の主な打ち合わせは造作キッチンのおさまり。

施主様ご希望のマガジンラックも作ることになりました。

洗面化粧台やカップボード等、大工さんに作っていただいてる家具もあります。

こちらもきれいに施工していただいています。

外部では外壁モルタル塗りまで完了しています。

間もなく上塗り、こちらもきれいになるのが楽しみです。

 

宇野

設計:NLデザイン設計室

 

2020年04月26日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事