桂台の家 – 上棟

現在木工事を進めている桂台の家。

上棟の様子です。

柱を立てて、横架材を組んでいきます。

2F南側は全てバルコニーになるので、梁が渡りになっています。

2F床組みを進めつつ、桂台の家の棟梁が立ちを確認していきます。

下げ振りで垂直を確認しながら屋起こしで調整します。

立ちが決まったら仮筋を打ち込んでいきます。

2Fの柱、横架材を組み立てていきます。

棟木まで完了し、垂木を流します。

こちらの垂木は全て化粧材になります。

一つ一つの木によって様々な顔があるので、

メインの部屋はなるべくきれいなものをと選定中。

全ての垂木の取り付けが完了しました。

野地板も施工完了です。

こちらも内部天井で化粧で見えてきます。

針葉樹構造用合板ですが、すごくきれいなものを納品していただきました。

野地板の防水も完了し、上棟作業は終了です。

作業後に四方払いを行いました。

お子さまも大活躍(?)でした。

翌日も引き続き3人の大工さんで屋根工事を進めます。

屋根は外断熱、旭化成建材社のネオマフォーム。厚みは66ミリあります。

その上に通気胴縁を外張り断熱用ビスであるパネリードで留め付けます。

雲行きが少し怪しい・・

この日は前面にブルーシートで養生し、翌日に上野地を施工しました。

早めに板金屋さんに来て頂き、屋根板金を施工しました。

桂台の家の屋根はガルバリウム鋼板の瓦棒葺きです。

南側の勾配が緩い屋根は、心木に防水テープを貼っています。

雪止めは残っていますが、主な屋根工事は完了です。

綺麗に施工していただきました。

 

宇野

設計:BUILTLOGIC

2020年04月27日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事