座間の家 -上棟-

座間の家、上棟の様子です。

強い日差しの中での作業となりました・・

柱を立てて、横架材を渡していきます。

座間の家はスキップフロアとなっています。

2Fの床を組み金物を取り付けて、柱の立ちを調整します。

座間の家は外観はシンプルな切妻ですが、

細長い敷地の中、妻側が長手になっています。

垂木をかけている様子です。

けらばは横垂木となっています。

夕方になり、作業終了です。

強い日差しの中、大工さんたちはお疲れ様でした。

その後の屋根仕舞。

下野地を貼り、防水紙(滑りにくいようにフェルトを使用)を貼ります。

続いて広小舞、通気胴縁を取り付け、上野地を貼ります。

ゴムアスルーフィングを敷き、ひとまず屋根の防水は安心です。

 

宇野

設計:NLデザイン設計室

 

2020年09月04日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事