桂台の家 -仕上工事-

先日お引渡しをさせて頂いた桂台の家、仕上工事の様子です。

木工事が終わり、塗装工事です。

棚板、天板、家具等屋内木部は主に自然塗料を使用しています。

塗装工事が終わり、クロス工事に入ります。

丁寧にパテ処理を行い、天井面から貼っていきます。

1Fは東リ・アースウォール。

アイボリー色寄りの色となっております。

2Fはルナ・ファーザー・チップス(スモール)を貼っています。

垂木部分の貼り込みには手を焼いておりました・・

キッチン背面はアクセントとして、グレーの珪藻土を塗っています。

余談ですがクロス屋さんの糊付け機が何だかハイテク化しておりました。

タイル工事は主に水廻り。

キッチンはサンワカンパニーのウォルノット。

洗面、手洗い器廻りは施主様ご希望のタイルで、名古屋モザイクの流水彩。

施主様希望のタイルもいい味が出ております。

照明器具の取り付けも全て完了し、養生を撤去してクリーニング。

桂台の家は施主様のご厚意により、見学会もさせて頂くことができました。

自前の一眼レフカメラで写真も撮ってみました。

2階の廊下が一番うまく(個人的には・・)撮れた気がします。

そういえばこの廊下は映えるだろうということで床板の選定を

赤身メインにして大工さんに特に気を使っていただいたのを思い出しました・・

 

宇野

設計:BUILTLOGIC

 

2020年10月02日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事