鶴ヶ峰の家-木工事

鶴ヶ峰の家は木工事が進行中です。

 

内部の壁は部分的に真壁納まりの耐力壁です。

 

タイベック、通気胴縁とラス下地

 

外壁の仕上げはジョリパットのゆず肌仕上げに決まりました。

 

内部は断熱材と床張り中です。

床材は無垢の杉板節あり材、梱包をあけて節が少なめの材をリビングに張るよう選別しております。

 

こちらの現場には小さな監督が見に来ます。

お施主さんのお子さんです。

親と一緒ではなく一人で見に来てくれて、進捗具合を親に報告もしてくれます。

現場が楽しいようです。

中村


設計:光風舎

自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店

 

 

2019年09月21日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事