亀井野の家-木工事

どうもこんばんは。堀井工務店の今井です。

早いものでもう2月の中旬を過ぎてしまい、今月も残りが少なくなってまいりました。さて、建築中の藤沢市「亀井野の家」ですが、3月のお引渡しに向けて3人の大工さんによる木工事がどんどん進んできています。

1階の床貼り工事は終わり、難しい和室廻りの建具枠の工事に取り掛かっています。「亀井野の家」の和室には襖や障子が入るため、それらの枠材があちらこちらで絡み合ってきます。詳細図面で寸法を確認しながら慎重に手早く進めています。

二階でも二人の大工さんにて、一階と同じように建具枠の工事や天井の石膏ボードを貼り付ける工事が進んでいます。

石膏ボードが貼られてくるとだいぶお部屋らしくなってきました。

大工さん方が中で作業している間に、バルコニー部分の板塀の材料に塗装屋さんに自然塗料を塗ってもらっています。「亀井野の家」では安心・安全な塗料メーカー「リボス社」の自然塗料を用いています。

また現場には外壁材の仕上げ材、シラスでできた「そとん壁」が納品されました。いよいよ外壁の仕上げ工事も大詰めです。

まだまだ工事は続きます。


設計:NLデザイン設計室


自然素材の家づくり
株式会社 堀井工務店
2020年02月20日 | Posted in ブログ | | No Comments » 

関連記事