総合保証制度

OM総合保証制度


OM総合保証制度とは、「完成保証制度」「地盤保証制度」「建物瑕疵保証制度」の3つがセットになった、建築主様にとって、さまざなま「もしも」のことからお守りする制度のこと。堀井工務店では、このOM総合保証制度に全棟加入をしています。

 

完成保証制度


一流企業と呼ばれていた大企業でも安泰とはいえない時代です。つまり、社会制度として消費者が安全・安心できるような仕組みが必要となっているのです。「OM総合保証 完成保証制度」は、工事途中に契約OM総合保証加盟工務店が、その義務を遂行できない状況に陥った場合(倒産など)、日本全国に渡るOM総合保証加盟工務店のネットワークを生かし、建築主様のマイホーム完成までを保証します。

工事を請け負った工務店が不測の事態に陥り、完成を夢見た我が家が建築途中のまま工事が中断してしまうと、通常ではその後を引き継ぐ工務店はなかなか見つかりません。仮に引き継ぐ工務店が見つかったとしても、契約時の予算通りに納めることができません。OM総合保証ではOM総合保証加盟工務店のネットワークから、建築主様の近隣の工務店をご紹介し、中断した工事を引き継ぎます。また、場合によっては不足した建築費を1,000万円を上限に保証いたします(※1)。※1 保証限度額は、契約当初の請負金額の30%または、1,000万円のどちらか低い金額になります。

 

地盤保証制度


地盤の調査・改良工事に起因して住宅に不具合が起きてしまった場合、その修復のためには多額の費用がかかります。「地盤保証制度」では、住宅の損害に対し、原状回復のための補修を保証します。保証期間はお引き渡し日から10年間になります。地盤には、埋立地、しっかり硬い地盤、または軟弱地盤や盛土など様々な状態が考えられます。その状態は、外から見ただけでは判断できません。「地盤保証制度」は、専門スタッフが地盤を調査・分析し、「もしも」に備えた安心の保証です。

 

建物瑕疵保証制度


特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)が2009年10月に全面施行されした。住宅瑕疵担保履行法は、新築住宅の構造耐力上主要な部分または雨水の浸入を防止する部分の瑕疵(欠陥)による不具合の補修等を行うための資力の確保を住宅事業者に義務付けています。その資力を確保するための手段の一つが、住宅瑕疵担保責任保険への加入です。

※OM総合保証制度の詳細については、こちらをご覧ください。

堀井工務店の家づくり

お気軽にお問い合わせください。045-954-0366受付時間 9:00-18:00 [日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら